浦安のグルメを紹介するブログです

主婦めい子の浦安を食する!浦安のグルメ飲食店完全制覇をめざす♪

郷土資料館 すてんぱれで浦安名物あさりめしを食べてきました

 

浦安市郷土資料館内にあるカフェレストラン「すてんぱれ」であさりめしを食べてきました。

img_8624

カフェレストラン すてんぱれ
住所   千葉県浦安市猫実1-2-7 浦安市郷土博物館1階
電話番号 047-380-0330
営業時間   10:00~16:30
定休日    月曜日(月曜日が祝日の時は翌日)
訪問日    2015年5月

浦安市中央図書館のすぐ横にある浦安市郷土博物館では、餅つきや紙すきなど四季折々の子ども向けのイベントも多く開催されいて、実際にべか舟や打瀬船に乗ることもできるので、たまに子どもと一緒に遊びに行くことがあります。

今回は、ゴールデンウィーク中にあったイベントに参加した際に併設されているカフェレストラン すてんぱれでお昼ごはんを食べてきました。
抜けるような青空を意味する浦安の方言「すってん晴れ」からネーミングされた気持ちの良い名前のレストランです。

今回食べたのは、お店で一番人気のメニュー、浦安名物あさりめし(1,100円)です。

メインは煮物で、他にお味噌汁もついています。

img_3422

あさりご飯は蒸し器に入っているので、自分でお茶碗によそって頂きます。

img_3421

どれも美味しく頂きました。

今では浦安といえば東京ディズニーリゾートのイメージが強いですが、昭和初期の浦安は、のりの養殖やあさり漁など水産業中心に栄え、境川にはべか舟がひしめき合い、漁師町として有名だったそうです。

現在でも、あさりの食品加工をしているお店は浦安市内にいくつかあり、浦安のお土産としても定番のようですね。

浦安の歴史は郷土博物館で詳しく知ることができるので、ご興味がある方はぜひ郷土博物館の見学をオススメします!

ちなみに、山本周五郎さんの青べか物語は、昭和初期の水産業で栄えた時期の浦安を舞台にした作品です。まだ読んだことがないのですが、この機会に読んでみようかなと思いました。

 

 




ブログランキングに参加しています!
応援をよろしくお願いいたします m(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ 


 

タグ : 

和食    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
大手の結婚情報サービス会社